公園

公園 © 伊那市観光協会

高遠城址公園

公園の種類

日本の公園は市街地の一区画に草木を植え、噴水を設置するなどして憩いの場としたものと、ジャングルジムやすべり台などの遊具を設置して遊び場としたもののほかに、国立公園や国定公園など、自然景観の保持を目的としている自然公園、広場や史跡などを利用したものや動物園、植物園を配置している都市公園皇居外苑や新宿御苑を含む国民公園がある。

また防災公園平和公園、記念公園など、特定の目的を持ったものや、事業として建設されたものもある。

公園を楽しむ

気候の良い時には散策や日光浴、草花の鑑賞等、癒しを目的に訪れるのも良いだろう。また、休日の公園では、日本の一般的な家族や恋人同士が休日を楽しむ姿を通して、日本人の休日の過ごし方の一例を垣間見ることが出来る。

日本の有名な公園

広島平和記念公園(広島県)

第2次世界大戦の反省と平和を願う公園として建設。公園の南には広島平和記念資料館がある。資料館の入館料は大学生以上が50円、高校生が30円、中学生以下は無料。公園は無料で入園できる。

広島平和記念資料館ホームページ :   http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

高遠城址公園(長野県)

高遠跡を利用した公園高遠城址公園桜まつりが有名。入園は無料だが、花見の期間のみ大人500円、小・中学生250円の入園料が必要。

原爆死没者慰霊碑が公園内にある cowardlion / Shutterstock.com

高遠城址公園ガイド :  http://www.ta-ka-to-o.com/

万博記念公園(大阪府)

1970年に開催した日本万国博覧会の跡地を整備した公園。自然を楽しめる施設や文化施設、スポーツ施設、レジャー施設が設置されている。芸術家の岡本太郎が制作した「太陽の塔」という芸術作品が有名。施設ごとに入園料や入館料が必要。

万博記念公園ホームページ :  http://www.expo70.or.jp/