中部 トラベルガイド

中部地方は本州の中央に位置し、富山県、山梨県、愛知県、新潟県、石川県、福井県、長野県、静岡県を含む。エリアには、日本一の標高を誇り、国のシンボルとしても知られる富士山がある。エリアは、「日本アルプス」とも呼ばれる3000メートル級の山々がひしめく山岳地帯が多くを占めており、雄大な景観が魅力だ。

石川県には小京都とも呼ばれる古い町並みが残る金沢エリアのほか、日本有数の温泉地である加賀温泉エリアなどがある。日本海に突き出る能登半島エリアは、新鮮な魚介類と輪島塗という伝統漆器が有名。海へと続く棚田の絶景が見られる白米千枚田もおすすめのスポットだ。

2県にまたがる富士山の南側を擁するのが静岡県。静岡エリアには、富士山を信仰の対象とする富士山本宮浅間大社、様々な動物を間近で観察することができる動物園「富士サファリパーク」、日本最大級のアウトレット「御殿場プレミアム・アウトレット」など、見どころが満載だ。ほかにも熱海温泉などで有名な東伊豆エリアなどがある。

富士山の北側を擁するのが山梨県。富士山エリアには、山中湖や河口湖など富士五湖と呼ばれる湖群がある。それぞれの湖越しに見る富士山は圧巻だ。ほかにも南アルプスエリアや北杜エリアなど、雄大な自然が楽しめるスポットが多い。

岐阜県は、世界遺産の白川郷エリアや、江戸時代の街並みが残る高山エリアなど、世界各国から観光客が訪れる人気の観光地だ。ほかにも、古き良き街並みが楽しめる古川エリアや郡上八幡エリアなどがある。

愛知県には名古屋城で有名な名古屋エリア、江戸幕府の初代将軍・徳川家康が生まれた岡崎城がある三河エリアなどがある。また、愛知県は世界的な自動車メーカー、トヨタ自動車株式会社の創業地。そのためトヨタ会館やトヨタ博物館など、トヨタの関連施設が多く存在する。

富山県は、黒部ダムで知られる黒部エリアが有名。また、高さ20mの雪の壁が道の両側にそびえ立つ雪の大谷は、立山エリアの人気スポットだ。そのほか、世界遺産に登録された合掌造りの集落がある南砺エリアも、日本の原風景が味わえるとして人気がある。

長野県には、約1400年前に建立された善光寺がある長野エリアをはじめ、歴史的な街並みが楽しめる木曽エリアや松本エリア、夏は避暑地として、冬はスキーリゾートとして有名な軽井沢エリアや北アルプスエリアなどがある。

中部地方の中でも、広く日本海に面しているのが新潟県。米の名産地として代表的な魚沼エリア、日本酒の酒蔵が多く存在する新潟エリアや上越エリアがある。越後湯沢温泉や瀬波温泉などの温泉地も人気だ。

福井県には鎌倉時代(1185-1333)に開かれた永平寺や、断崖絶壁の絶景が堪能できる東尋坊がある福井エリアがある。また、大野・勝山エリアにある大野城では、秋から冬にかけて雲海が発生し、まるで城が雲の海に浮かんでいるような幻想的な風景が楽しめる。

石川県 | 静岡県 | 山梨県 | 岐阜県 | 愛知県 | 富山県 | 長野県 | 新潟県 | 福井県 |

石川県

静岡県

山梨県

岐阜県

愛知県

富山県

長野県

新潟県

福井県