飛騨の匠文化館

飛騨の匠文化館 © Iry

飛騨の匠文化館とは

飛騨市は古くから「匠の里」として栄え、現在でも建築業に従事する人の割合が高いといわれている。奈良時代(710–794)以降、高い技を持っていた飛騨の匠たちは藤原京や平京、平安京などの都に派遣されていた。万葉集や日本書紀などでも飛騨の匠たちの真面目さや高い技術への賞賛が書かれている。建築のみならず家具や一刀彫、陶芸など様々な分野で、先人たちが磨いた技法が受け継がれている。

文化会館の建物は地元の木材を使い、匠の技術を受け継ぐ地元の大工たちによって釘を1本も使わずに造られている。中庭に面する軒下には、この建物に関わった大工たちの紋章「雲」が並んでいる。「雲」は飛騨の大工たちが自分の建てた建物の軒下に施す装飾で大工により形が違うのが特徴だ。

飛騨の匠文化会館では、匠たちの技の数々を展示・紹介するとともに、その技を体験できるコーナーも設けている。

体験コーナー

角材の組み合わせに細工がある飛騨の伝統技術のひとつ「千鳥格子」。体験コーナーでは「千鳥格子」をはじめ、各種の木組みパズルに挑戦することができる。

12月~2月は開館時間が9:00~16:30になるので要注意。

アクセス

JR高山本線「飛騨古川駅」から徒歩5分。




イメージギャラリー: 飛騨の匠文化館


概要: 飛騨の匠文化館

観光スポット 飛騨の匠文化館 (Hida no Takumi Bunka Museum)
お勧め度  
住所 岐阜県飛騨市古川町壱之町10-1
10-1 Furukawa-cho Ichinomachi, Hida, Gifu Prefecture, Japan
電話・fax Phone: 0577-73-3321
Webサイト
所要時間 1時間
営業時間 月曜日:09:00-17:00
火曜日:09:00-17:00
水曜日:09:00-17:00
金曜日:09:00-17:00
土曜日:09:00-17:00
日曜日:09:00-17:00
定休日 木曜日 NEW YEAR'S HOLIDAY
入場料 有料: 300円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 飛騨の匠文化館