静岡市立芹沢銈介美術館

静岡市立芹沢銈介美術館

 静岡市立芹沢銈介美術館とは

静岡市立芹沢圭介美術館は、染色工芸家である芹沢銈介の作品と収集品が展示されている美術館。芹沢は独特な色彩感覚による、独創的な 作品を多く残した。生活のなかにある美、用の美を提唱した「民芸運動」にも深く関わった人物としても知られている。

作 品は着物、帯、屏風から本の装丁やカレンダーなどのデザインまで多岐に渡り、今も多くの人に親しまれている。静岡市は芹沢 銈介の郷里であったため、作品と収集品が静岡市に寄贈され1981年に開館した。常設展や企画展では彼の88年に及ぶ生涯に手がけた作品の変遷を辿ること ができ、現在美術館には800点の作品が収蔵されている。

また芹沢銈介は世界中の工芸品を収集しており、陶磁器、木工品、家具、衣服、絵画など様々な種類の工芸品が展示され、その収蔵数は4500点にも及ぶ。また、ミュージアムショップも併設しており、彼のデザインを用いたグッズなどを購入できる。

美術館の敷地内では、展示品だけでなく芹沢銈介の住居と工房を東京の蒲田から移築した「芹沢銈介の家」が付属施設として一般に無料で公開されている。

美術館の観覧料は一般が420円、高校生と大学生が250円、小学生・中学生が100円、未就学児は無料となっている。休館日は毎週月曜日と祝日の翌日。そのほか展示作品の入れ替え時期や年末年始も休館する。

アクセス

JR「静岡駅」からしずてつジャストラインの路線バス登呂遺跡行きに乗車し、終点の「登呂遺跡」停留所で下車しすぐ。車を利用する場合は、東名高速道路「静岡IC」から約10分。有料の駐車場がある。 




イメージギャラリー: 静岡市立芹沢銈介美術館


概要: 静岡市立芹沢銈介美術館

観光スポット 静岡市立芹沢銈介美術館 (Shizuoka City Serizawa Keisuke Art Museum )
お勧め度  
住所 静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
5 Chome-10-5 Toro, Suruga-ku, Shizuoka-shi, Shizuoka-ken 422-8033
電話・fax Phone: 054-282-5522
Webサイト
所要時間 2時間
営業時間 火曜日:09:00-16:30
水曜日:09:00-16:30
木曜日:09:00-16:30
金曜日:09:00-16:30
土曜日:09:00-16:30
日曜日:09:00-16:30
定休日 月曜日 祝祭日 特定日 NEW YEAR'S HOLIDAY
入場料 有料: 420円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 静岡市立芹沢銈介美術館