倉敷美観地区

倉敷美観地区 © Iry

倉敷美観地区とは

倉敷美観地区のある倉敷市は、江戸時代に商人の町として栄えた。その中でも本町・東町には白壁の屋敷など当時の町並みが色濃く残っており、地区一帯を保存地区・観光地区として一般に公開しているのが、倉敷美観地区である。倉敷美観地区には旧大原家在宅や倉敷アイビースクエアなどの当時から残る建築物のほか、大原美術館日本郷土玩具館、いがらしゆみこ美術館などの観光スポットが点在しており、和と洋、レトロとモダンが絶妙に混在した風景が特徴的である。喫茶店や土産物屋も多くそろっており、風情のある町並みを散策しながら買い物を楽しむのも一興である。キャンドル手作り体験や陶芸体験などの体験施設もある。

角度を変えて町並みを味わう

倉敷美観地区には「倉敷川」が流れており、その倉敷川を観光川舟で渡りながら、倉敷の町並みを堪する「くらしき川舟流し」体験ができる。乗船にはチケットが必要。大人500円、子ども(5歳~小学生以下)250円で、倉敷観光案内所で発売している。営業時間は9:30から17:00まで。3月から11月の第2月曜日、12月~2月の平日は定休日となる。店や施設が閉まったあとも、夜間照明で倉敷美観地区の町並みを楽しむことができる。夜間照明は日没から始まり、美観地区全体を景観照明のやさしい光でライトアップする。4月から9月は22:00まで、10月から3月は21:00までおこなわれる。

アクセス

倉敷美観地区へは、電車、バス、車で行くことができる。電車を利用する場合、JR山陽本線の「倉敷駅」が最寄り駅となる。バスを利用する場合は、両備バスの「大原美術館前」が最寄りのバス停となる。車を利用する場合、山陽自動車道「倉敷IC」または「早島IC」から約15分。また、美観地区周辺に多数駐車場がある。




イメージギャラリー: 倉敷美観地区


動画ギャラリー: 倉敷美観地区

倉敷美観地区


概要: 倉敷美観地区

観光スポット 倉敷美観地区 (Kurashiki Bikan Historical Quarter)
お勧め度  
住所 岡山県倉敷市中央1-4-8
1-4-8, Chuo, Kurashiki City, Okayama Prefecture
電話・fax Phone: 086-422-0542 / Fax: 086-422-0542
Webサイト
所要時間 8時間
お勧めの季節
春(3-5月)
秋(9-11月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 倉敷美観地区