角島大橋

角島大橋

角島大橋とは

角島大橋とは、1993年(平成5年)9月6日に着工し、2000年(平成12年)11月3日に開通した山口県道276号角島神田線の一部である。1780mと日本屈指の長さを誇り、完成当初は通行料金が無料の離島架橋として日本最長であったが、2005年(平成17年)に沖縄県の古宇利大橋が全長1,960mで開通し、国内2位の長さとなった。

真っ青に左右に広がるコバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)を突っ切り走る景色が爽快で、完成後はその景観からテレビCM、特に自動車のCMのロケ地として多く採用されたこともあり、クチコミで一気に絶景スポットとして人気に火がついた。今では山口県の新たな観光名所となっている。

かつて、角島へは渡船による交通が主であったが、「角島大橋」の完成により陸路でつながった。最高速度は時速40kmに制限されており、強風時には一般車両が通行止めになる。また、北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ景観に配慮した構造となっている。2003年「土木学会デザイン賞2003」優秀賞受賞。

アクセス

中国道「美祢IC」より国道435号、国道191号経由で角島方面へおよそ60分。




イメージギャラリー: 角島大橋


概要: 角島大橋

観光スポット 角島大橋 (Tsunoshima Great Bridge)
お勧め度  
住所 山口県下関市豊北町神田
Hohokucho Oaza Kanda, Shimonoseki, Yamaguchi Prefecture
電話・fax Phone: 083-786-0234
Webサイト
所要時間 30分
定休日 定休なし
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 大人(20歳以上) 1人


地図: 角島大橋