羽衣の滝

羽衣の滝

羽衣の滝とは

羽衣の滝は、天人峡温泉の近くにある落差270mの滝。絶壁を7段に分かれて落水し、北海道では最大、日本全国でも富山県の立山連峰にある称名滝(しょうみょうだき/落差350m)に次いで2番目の高さを誇る。1990年に「日本の滝百選」に選定された。

この滝は1870年頃に発見され、その後、1918年に文人・大町桂月(おおまち けいげつ)がこの地を訪れた際、景観のすばらしさと水の流れが羽衣を思わせることから、「羽衣の滝」に命名されたと言われている。

天人峡温泉からは歩いて行くことができ、温泉街から約3km(徒歩15~20分)の所に展望台がある。展望台から羽衣の滝の全景が見られるほか、"東洋のナイアガラ"と呼ばれる「敷島の滝」も眺めることができる。4月の雪解け時期は水量が多く豪快な滝の姿が見られ、また、秋の紅葉の時期は、山全体が燃え立つような美しい景観を見ることができる。

ただし、2013年冬に発生した大規模な土砂崩れにより、展望台へ行く遊歩道は通行止めになっている(2014年11月現在)。

アクセス

最寄りの空港は旭川空港。空港またはJR旭川駅から路線バスを利用し、天人峡温泉で下車。温泉街から徒歩15~20分。




イメージギャラリー: 羽衣の滝


概要: 羽衣の滝

観光スポット 羽衣の滝 (Hagoromo Waterfall )
お勧め度  
住所 北海道上川郡東川町天人峡温泉
Tenninkyo Onsen, Higashikawa-cho, Kamikawa-gun, Hokkaido
電話・fax Phone: http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=11&s=147&sc=&lv=&cl=1
Webサイト
所要時間 1時間
入場料 無料
お勧めの季節 夏(6-8月) 秋(9-11月)
お勧めの対象 恋人 団体 大人(20歳以上) 1人


地図: 羽衣の滝