堺町通り

堺町通り © Iry

堺町通りとは

日本の商店街は、大型スーパーマーケットが郊外等に開業したこと等により衰退しているといわれるが、小樽堺町通りは活性化に成功している商店街だ。

とはいえ、堺町通りといってもどこからどこまでなのか分かりづらいかもしれない。アーケードがあるわけではないし、歴史的な建造物が立ち並ぶ「北のウォール街」も隣接している。実際には、堺町1丁目の交差点にある旧百十三銀行小樽支店から入船通りの交差点にある小樽オルゴール堂本館までの約750mを堺町通りという。

商店街には、古い商家や石造の銀行、倉庫などを改装した手作りガラスのお店や飲食店などが並んでいる。また、商店街は小樽運河に沿って作られており、お店を通り抜けると運河に出る。営業時間と休日は店舗によって異なる。

アクセス

公共交通機関を利用する場合、「札幌駅」から「小樽駅」までは快速電車で30分。「小樽駅」からは、堺町通り商店街のシンボルであるメルヘン交差点まで徒歩で移動可。「南小樽駅」から歩く逆コースもありメルヘン交差点まで10分程である。巡回バスの「おたる散策バス」も活用可だ。




イメージギャラリー: 堺町通り


概要: 堺町通り

観光スポット 堺町通り (Sakai-machi Street)
お勧め度  
住所 北海道小樽市堺町6-11
Hokkaido, Otaru-shi, Sakai-machi 6-11
電話・fax Phone: 0134-27-1133
Webサイト
所要時間 120分
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 堺町通り