モエレ沼公園

モエレ沼公園 © Iry

モエレ沼公園とは

モエレ沼公園札幌市の市街地緑化計画「環状グリーンベルト構想」における拠点公園として計画された北海道札幌市の総合公園である。面積は約188.8ヘクタールにわたる。基本設計は世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけ、1988年末にノグチが死去した後は、彼の財団が後を継いで計画を続け、23年の歳月を経て完成に至った。モエレ沼公園には、高さ約32mで表面のガラスの面積は延べ約2,483㎡にもなるモエレ沼公園のシンボルとも言えるガラスのピラミッド"HIDAMARI"、緩やかなすり鉢状の浅い水遊び場で夏には水遊びができるモエレビーチ、カラマツ林が取り囲むように配置され、直径48m、最大25mまで水が噴き上がる海の噴水などがある。夏には花火大会が行われ、春にはソメイヨシノなど約3000本の桜が咲き誇り、秋には紅葉、冬にはクロスカントリースキーが楽しめる。遊具施設は、イサム・ノグチのデザインでそれを目的に観光に来る人も多い。

アクセス

モエレ沼公園は、北海道札幌市内にあり、空港からのアクセスの場合、新千歳空港からJR快速エアポートで市の中心である「札幌駅」まで行き、地下鉄東西線に乗り「環状通東駅」で中央バスに乗り換え約25分のところにある。また、期間限定バスや高速バスなどでのアクセスも可だ。




イメージギャラリー: モエレ沼公園


概要: モエレ沼公園

観光スポット モエレ沼公園 (Moere-numa Park)
お勧め度  
住所 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
1-1 Moere-numa Koen, Higashi-ku, Sapporo-shi, Hokkaido
電話・fax Phone: 011-790-1231
Webサイト
所要時間 2時間
営業時間 月曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
火曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
水曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
木曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
金曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
土曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
日曜日:07:00-22:00 (最終入場: 21:00)
定休日 定休なし
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: モエレ沼公園