穴太寺

穴太寺 © Iry

円応院庭園と多宝塔

穴太寺とは

穴太寺京都府にある天台宗の院である。705年に大伴古麻呂が開創したとされるで、丹波でも有数の古刹である。境内には京都府指定文化財に指定されている本堂、多宝塔などがある。また鎌倉時代(1185年–1333年)の作である木造聖観音立像が重要文化財に指定されていたが、1968年に盗難にあい、未だに見つかっていない。庭園が有名で、本堂や多宝塔を借景にして、江戸時代中期の手法を用いて作られている。特に夕日が沈む庭園の景色は素晴らしい。

アクセス

公共交通機関を利用して向かう場合、JR西日本山陰本線の「亀岡駅」から京阪京都交通バス学園大学行きに乗り、「穴太口」という停留所で降り徒歩10分ほど。車の場合は京都縦貫自動車道の「亀岡IC」から国道372号線経由で7分ほど。無料の駐車場がある。




イメージギャラリー: 穴太寺


概要: 穴太寺

観光スポット 穴太寺 (Anao-ji Temple)
お勧め度  
住所 京都府亀岡市曽我部町穴太東ノ辻46
Kyoto-fu, Kameoka-shi, Sokabe-cho, Anao-ji 46
電話・fax Phone: 0771-24-0809
Webサイト
所要時間 30分
営業時間 月曜日:08:00-17:00
火曜日:08:00-17:00
水曜日:08:00-17:00
木曜日:08:00-17:00
金曜日:08:00-17:00
土曜日:08:00-17:00
日曜日:08:00-17:00
入場料 有料: 500円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 団体 大人(20歳以上) 1人


地図: 穴太寺