熊野速玉大社

熊野速玉大社 © Iry

拝殿

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)とは

熊野速玉大社和歌山県にある神社熊野本宮大社熊野那智大社と並ぶ熊野三山の一つで、全国に3000社以上ある熊野神社の総本山である。紀伊山地の霊場と参詣道の構成資産としてユネスコ世界遺産にも登録されている。 境内には天然記念物にも指定されているナギの大樹がそびえる。樹齢推定1000年といわれる御神木で、昔から旅の道中安全を祈り、葉を懐中に納めて参ることが習わしとされてきた。また、神門からそり橋、結宮、速玉宮などすべての建造物が鮮やかな朱色をしており、夏季には周りに生い茂る緑の木々とのコントラストが非常に美しい景観となる。神宝館には木造の古神像や檜扇、蒔絵手箱など、室町時代(1336–1573)に奉納されたと伝わる調度品や1000点を超える古神宝類など数多くの国宝を所蔵している。

アクセス

熊野速玉大社へはJR紀勢本線の「新宮駅」が最寄り駅となる。駅からは徒歩20分弱。車で訪れる場合は、熊野尾鷲道路の「熊野大泊IC」が最寄りのインターチェンジとなる。無料の駐車場が約20台ある。




イメージギャラリー: 熊野速玉大社


概要: 熊野速玉大社

観光スポット 熊野速玉大社 (Kumano-Hayatama-taisha Shrine)
お勧め度  
住所 和歌山県新宮市新宮1
1, Shingu, Shingu-shi, Wakayama
電話・fax Phone: 0735-22-2533
Webサイト
所要時間 1時間
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 団体 大人(20歳以上) 1人


地図: 熊野速玉大社