真如堂(真正極楽寺)

真如堂(真正極楽寺) © Iry

三重塔

真如堂(真正極楽寺)とは

境内を彩る木々の中でも、特に秋の紅葉の美しさで人気が高いお。普段はお参りや散策、近所の人の犬の散歩などがまばらに行き交う静かな境内が、紅葉の時期には多くの人々で賑わう。

そのシーズンを告げるのが、本堂前の井戸の脇にある「花の木」。花カエデとも呼ばれ、全国でも500株ほどしかない天然記念物に指定されている木だ。この木の紅葉は、上部から徐々に赤く色づき、少しずつ下に降りてくる。ちょうど木の上部は赤、真ん中が黄色、下部が緑の3色に葉の色が染まる11月初旬から中旬が見ごろ。

その後、11月下旬から12月上旬までが真如堂の紅葉シーズンの本番で、赤やオレンジに色づくモミジやカエデ、そして黄色の輝きを放つイチョウなどが、本堂や三重塔、などと相まって、趣深い景色を楽しませてくれる。

もちろん、紅葉シーズン以外の春から夏にかけても、約70本が植えられているという桜や馬酔木、藤、ツツジ、ヤマブキなどが境内に彩りを添え、季節ならではのおの情緒を味わうことができる。

西暦984年に建てられた歴史あるおで、正式名称は真正極楽寺といい、「正真正銘の極楽の」という意味が込められている。長い歴史の中で戦や火災に巻き込まれて焼失を繰り返し、現在の本堂は1693年~1717年にかけて建立された。金箔を施した天蓋やさまざまな仏具が置かれている本堂の内陣や書院、庭園は有料拝観区域としており、紅葉シーズン以外は基本的にの職員が同行して説明してくれる。

アクセス

JR「京都駅」、阪急「四条河原駅」からは、京都市営バス5系統または17系統に乗車。「真如堂前」停留所で下車し、徒歩約8分。「三条京阪駅」前からは京都市営バス5系統に乗車、地下鉄「丸太町駅」前からは京都市営バス93系統、204系統に乗車し、「真如堂前」停留所で下車。




イメージギャラリー: 真如堂(真正極楽寺)


概要: 真如堂(真正極楽寺)

観光スポット 真如堂(真正極楽寺) (Shinnyo-do Temple (Shinsho Gokuraku-ji Temple))
お勧め度  
住所 京都府京都市左京区浄土寺真如町82
82 Shinnyo-cho, Jyodoji, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto
電話・fax Phone: 075-771-0915 / Fax: 075-771-1823
Webサイト
所要時間 40分
営業時間 月曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
火曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
水曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
木曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
金曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
土曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
日曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:45)
入場料 有料: 500円
お勧めの季節 秋(9-11月)
お勧めの対象 大人(20歳以上) 1人


地図: 真如堂(真正極楽寺)