龍安寺

龍安寺 © Iry

石庭

龍安寺とは

龍安寺は世界文化遺産に認定された臨済宗妙心派の禅で、石庭が有名だ。1450年、細川勝元が徳大家の山荘を譲り受け、妙心の義天玄象和尚を迎えて創建した。1797年に方丈や開山堂、仏殿を火災で焼失しており、現在の方丈は塔頭である西源院のものを移築したもの。

枯山水を感じる

龍安寺の一番の見どころは、水を使わない「枯山水」の石庭「方丈庭園」で、国の史跡・特別名勝に指定されている。幅25m、奥行き10mの庭一面には白砂を敷き詰めており、大小15個の石が東から7、5、3の形で配置。その形から「七五三の庭」、または、虎の子供が川を渡る姿を思わせることから「虎の子渡しの庭」とも呼ばれる。

大海や雲海に浮かぶ島々、「心」という字を表した配置ともいわれ、作者不詳で何を表したものなのか、その意図は不明。15個ある石はどの角度から見ても14個しか見えないという、ミステリアスな庭だ。1975年には英国のエリザベス女王も拝観に訪れている。

また、方丈庭園の北東にある茶室の前には、水戸黄門のモデルとなった徳川光圀が寄進したという「吾唯足知」(吾唯だ足るを知る、われただたるをしる)と刻まれた手水鉢がある。なお、3月上旬から4月上旬にかけては、日本最古と言われる「侘助椿」(わびすけつばき)が開花。千利休などの茶人に愛され、豊臣秀吉が絶賛したという。

なお、拝観時間は12月1日から2月末日まで、8:30から4:30に変更されるので注意すること。

アクセス

JR「京都駅」から市バス「立命館大学前」停留所下車徒歩7分。京阪電鉄「三条駅」から市バス「龍安寺前」停留所下車徒歩1分。電車では京福電車「龍安寺道駅」から徒歩約7分




イメージギャラリー: 龍安寺


概要: 龍安寺

観光スポット 龍安寺 (Ryoan-ji Temple)
お勧め度  
住所 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
13, Goryonoshita-cho, Ukyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto
電話・fax Phone: 075-463-2216 / Fax: 075-463-2218
Webサイト
所要時間 1時間
営業時間 月曜日:08:00-05:30
火曜日:08:00-05:30
水曜日:08:00-05:30
木曜日:08:00-05:30
金曜日:08:00-05:30
土曜日:08:00-05:30
日曜日:08:00-05:30
入場料 有料: 500円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 龍安寺