四天王寺

四天王寺 © Iry

中門と五重塔

四天王寺とは

四天王寺大阪天王区にある院。聖徳太子によって建立された七大の1つである。奈良時代に完成した歴史書の『日本書紀』によると西暦593年に建立されたと伝わっており、1400年以上の歴史を持つ。現在境内にある建物の多くは、災害や戦争時に壊れた所を再建し、旧観に復したものである。御堂や中心伽藍、庭園の拝観時間は4月から9月の間が8:30から16:30まで。10月から3月の間は8:30分から16:00まで。また、六時堂の拝観時間は8:30分から18:00までである。なお、四天王寺の門自体は24時間開放されているので、御堂の外からのお参りはいつでも可である。

境内について

四天王寺の境内の南端には南大門が、東端には東大門が建てられている。西端には重要文化財である石鳥居があり、そこを潜ると極楽門が建っている。本来の正門は南大門だが、極楽に通ずるとされている極楽門を通るために石鳥居から参拝する人も多い。また、境内の中心より少し南には同院の主要建造物群である中心伽藍がある。その中心伽藍の北側、ちょうど境内の中心には重要文化財である六時礼讃堂が、東側には聖徳太子を祀る聖霊院(太子殿)がある。その他にも境内には数多くの御堂や石舞台等の建造物、霊苑、庭園、宝物館等が存在する。境内は広く、見応えがあるので日本の古い建造物や院に興味がある人は一度訪れてみよう。

アクセス

四天王寺へは車または電車を利用して行くことが可だ。最寄り駅はJR環状線の「天王駅」、大阪市営地下鉄の「天王駅」または「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」、近畿日本鉄道南大阪線の「阿部野橋駅」となっている。車で訪れる場合は南大門に隣接した有料駐車場を利用しよう。駐車料金は8:00から22:00が30分200円、22:00から翌8:00までが60分100円となっている。




イメージギャラリー: 四天王寺


概要: 四天王寺

観光スポット 四天王寺 (Shitenno-ji)
お勧め度  
住所 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
1-11-18 Shitennoji, Tennoji-ku, Osaka-shi, Osaka
電話・fax Phone: 06-6771-0066
Webサイト
所要時間 3時間
入場料 有料: 300円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 四天王寺