大峯山

大峯山 © PIXTA

女人禁制の大峯山を登る

大峯山は、奈良県南部にある山で、山上ヶ岳、稲村岳、大普賢岳、弥山(みせん)、八経ヶ岳などを含む山々を総称して大峯山と呼ばれる。山に籠って厳しい修行を行い、悟りを開くことを目的とした「修験道」が1300年以上にもわたって続けられている山として知られており、岩壁を鎖だけを頼りに登る「鐘掛岩」や、絶壁から逆さ吊りにされる「西の覗」などの修行場が有名。大峯山の中でも八経ヶ岳は女人禁制の山であるため、登山は男性のみとなる。女性は途中にある「女人結界」まで行くことができる。この女人結界の前で記念撮影をする女性が多い。

山口は「洞川温泉」という温泉街で、美味しい水が飲める「洞川湧水群」がある。面不動鍾乳洞からは洞川の街を一望できる。山頂近くには大峯山寺があり、5月3日の戸開式(とあけしき)から9月23日の戸閉式(とじめしき)の期間中は参拝ができる。

登山をする場合は、夏でも夕方になると気温が下がるので、服は長袖を用意する。岩場が多いため、滑りにくい履物や靴を履いて行こう。懐中電灯や雨具の用意を忘れないようにしよう。

アクセス

公共交通機関を利用する場合、近畿日本鉄道吉野線の「下市口駅」から奈良交通バス洞川温泉行きに乗り換え、終点の「洞川温泉」停留所で下車し、徒歩約1時間。車を利用する場合、名阪国道の「針IC」を下りて約2時間。有料の駐車場がある。




概要: 大峯山

観光スポット 大峯山 (Mt.Omine)
お勧め度  
住所 奈良県吉野郡天川村洞川
Nara-ken Yoshino-gun Tenkawa-mura Dorogawa
電話・fax Phone: 072-851-1301
Webサイト
所要時間 5時間
定休日 冬季
お勧めの季節 夏(6-8月)
お勧めの対象 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上)


地図: 大峯山