和歌の浦

和歌の浦 © Iry

和歌の浦とは

和歌の浦和歌山和歌山市の南西部にある景勝地。浦干潟や片男波、妹背山、鏡山、奠供山を中心とする地域で、日本に現存する最古の和歌集『万葉集』にも詠まれた古くからある名勝だ。 周辺には和歌の神様として信仰されてきた玉津島神社や、学問の神様が祀られている和歌浦天満宮、安産の神様を祀る塩竈神社、妹背山の中腹にある高さ13mの海禅院多宝塔、1851年に建造されたアーチ型の石橋である不老橋など、ゆっくり景色を楽しみながら見て回れる場所が幾つもある。

アクセス

和歌の浦へはJR「和歌山駅」および南海電鉄「和歌山市駅」が最寄り駅となる。駅からは和歌山バスに乗り換え、「和歌浦」停留所で降りよう。車で訪れる場合、阪和自動車道の「和歌山IC」が最寄りのインターチェンジとなる。




イメージギャラリー: 和歌の浦


概要: 和歌の浦

観光スポット 和歌の浦 (Waka-no-ura Bay)
お勧め度  
住所 和歌山県和歌山市新和歌浦2-1-19
2-1-19, Shinwakaura, Wakayama-shi, Wakayama
電話・fax Phone: 073-444-4349
Webサイト
所要時間 30分
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月)
お勧めの対象 家族 子供(7-17歳) 大人(20歳以上)


地図: 和歌の浦