高徳院

高徳院 © PIXTA

高徳院とは

高徳院は神奈川県鎌倉市にある院で、国宝に指定されている青銅製の大仏が有名。像の高さは約11.35m、重さは約121トンにものぼる。現在、大仏は屋外にあるが、以前は堂宇が建っていたといい、現在も周囲に礎石が56基残っている。建物は14世紀に発生した地震などの自然災害で倒壊したという。

大仏の建造は1252年に始められたとされているが、誰の手によるものかは現在に至るまでよく分かっていない。そもそも初めは1238年に木造で着工したが、大風で倒れたため青銅製に変更したとされる。作られた当初は金箔で覆われていたという。大仏が傾いているのは、1923年の関東大震災で台座が倒れたため。現在は耐震補強などの修理を経ている。

鎌倉の大仏は中に入ることもでき、中では鋳造時の継ぎ目などを見ることができる。

なお、拝観の終了時間は10月から3月の期間、17時までに短縮される。

アクセス

江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩約7分。鎌倉駅からはバスも出ており、江ノ島電鉄バスまたは京浜急行バスで約10分、「大仏前」停留所下車すぐ。 




概要: 高徳院

観光スポット 高徳院 (Kotoku-in Temple)
お勧め度  
住所 神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
4-2-28, Hase, Kamakura-shi, Kanagawa-ken
電話・fax Phone: 0467-22-0703 / Fax: 0467-22-5051
Webサイト
所要時間 30分
営業時間 月曜日:08:00-17:30
火曜日:08:00-17:30
水曜日:08:00-17:30
木曜日:08:00-17:30
金曜日:08:00-17:30
土曜日:08:00-17:30
日曜日:08:00-17:30
入場料 有料: 200円
対応外国語 英語
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 高徳院