ぐんまフラワーパーク

ぐんまフラワーパーク © PIXTA

オールシーズン花を楽しむ

ぐんまフラワーパークは、群馬県前橋市にある植物園。群馬県の人気観光スポットのひとつで、どの季節に訪れても多種多様の花が咲いている。 パークはメインエリア、鑑賞温室エリア、庭園エリア、ガーデンエリア、キッズエリアの5つに分かれている。メインエリアには、季節ごとに花が変わるフラトピア大花壇、展望台も兼ねているパークタワー、バラ園、ダリア園がある。パークタワーから見るフラトピア大花壇は、まるで絵のような美しさだ。春になると、大花壇はチューリップで埋め尽くされる。 鑑賞温室エリアは、フィリピン、インドネシア、ブラジル、メキシコの4ヶ国のエリアに分けられており、それぞれフィリピンの熱帯花木、インドネシアのラン、ブラジルのベゴニア、メキシコのサボテンが栽培されている。テーマに沿って年7回栽培する花が変わる「イベント温室」もある。日本庭園が広がる「庭園エリア」では、春には梅や桜、夏にはショウブ・カキツバタ、秋には紅葉といった日本の四季を感じられる植物を鑑賞出来る。庭園内にはそば・甘味処もあり、美しい景色の中で食事ができる。間近でツツジを見ながら遊歩道を散策できる「つつじヶ丘」もある。 ガーデンエリアは、イギリスのデザイナーが設計した「イングリッシュガーデン」や、高山植物が生息する「ロックガーデン」、ハーブを中心に栽培している「香りの散歩道」がある。キッズエリアにはふあふあドームやじゃぶじゃぶ池、緑の迷路、ローラーコースターなど、子どもが楽しめる施設がある。キッズエリアにある桜の散歩道では、ソメイヨシノやヤエザクラのほか、早咲きの「カワツザクラ」、春と秋・冬の2度咲く「ジュウガツザクラ」、緑色の花弁をつける「ギョイコウ」のような珍しいサクラも鑑賞できる。 8月15日、9月13日~15日、11月1日~1月12日には、夜間特別イベントを開催。各エリアはイルミネーションで彩られ、魔法に掛けられたようなひと時を味わえる。パークタワーではプロジェクションマッピングが上映される。

営業時間と入場料

営業時間は時期によって異なる。3月1日~10月31日は9:00~17:00。ただし、4月1日~9月30日の土曜・日曜・祝日は9:00~18:00。11月1日~2月末日は9:00~16:00。夜間特別イベント開催中は21:00まで営業している。入園は閉園時間の30分前まで。 入場料金は、中学生以上は有料となり、時期によって値段が変わる。4月1日~6月30日は700円、7月1日~10月31日、3月1日~31日は600円、11月1日~12月31日は500円、1月1日~2月末日は300円。夜間特別イベントへの入場は400円が必要。ただし、1月1日~2月末日は300円となる。

アクセス

車の場合は、北関東自動車道の「伊勢崎IC」、または関越自動車道の「赤IC」を下りて約30分。無料の駐車場がある。公共交通機関を利用する場合は、JR上毛線の「前橋駅」から上毛電鉄の「中央前橋駅」に乗り換え、「大胡駅」で下車。「大胡駅」からは徒歩だと1時間以上はかかるので、デマンドバスの「ふるさとバス」かタクシーを利用すると良い。




概要: ぐんまフラワーパーク

観光スポット ぐんまフラワーパーク (Gunma Flower Park)
お勧め度  
住所 群馬県前橋市柏倉町2471-7
2471-7 Kashiwaguramachi, Maebashi-shi, Gunma-ken
電話・fax Phone: 027-283-8189
Webサイト
所要時間 2時間
営業時間 月曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
火曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
水曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
木曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
金曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
土曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
日曜日:09:00-16:00 (最終入場: 15:30)
入場料 有料: 700円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上)


地図: ぐんまフラワーパーク