九州・沖縄 トラベルガイド

九州地方は、日本の西部に位置し、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮城県、鹿児島県を含む。沖縄地方は日本の南西部に浮かぶ沖縄諸島一帯のこと。

福岡県は、九州最大の都市。中心地である福岡エリアや、太宰府天満宮など歴史的な遺産がある太宰府市がある。そのほか、かつて炭鉱で栄えた北九州エリア、ウナギ料理やとんこつラーメンが有名な柳川・久留米エリアなどがある。

佐賀県は、日本で磁器の生産がはじまった地域として知られている。特に有田・伊万里エリアは、磁石場や窯元があり、焼物好きなら一度は訪れたい場所だ。自然豊かな佐賀県は、温泉地も豊富。佐賀・鹿島エリアにある武雄温泉や嬉野温泉は、美肌の湯として人気がある。

かつて港町として栄えた長崎県は、異国情緒溢れる雰囲気の町並みが特徴。中心地である長崎エリアをはじめ、米軍基地が置かれている佐世保・平戸エリアがある。また、長崎は広島の次に原爆が投下された街で、平和公園など平和に関連した施設が多い。

日本最大の温泉の湧出量を誇るのが、大分県。中でも別府温泉と湯布院温泉は日本では知らない人がいないほど有名な温泉地だ。別府温泉には9つの観賞用の温泉があり、真っ赤な温泉や泥の温泉などその見た目から「地獄めぐり」と呼ばれている。

福岡、大分、宮崎、鹿児島に囲まれるように九州の中心に位置するのが熊本県。県の中心部で熊本城がある熊本エリアや、国が管理する国立公園に指定されている阿蘇エリアがある。阿蘇エリアには、人里離れた自然の中にひっそりと佇む黒川温泉郷があり、静かな時を過ごしたい人におすすめ。

2016年4月に起きた地震の影響で、現在、熊本城や夏目漱石内坪井旧居、小泉八雲熊本旧居などの観光スポットに入場することができません。

宮崎県は、日本の神話の舞台として知られている。天照大御神が隠れた天岩戸神社や真名井の滝がある高千穂エリアは、パワースポットとして人気が高い。また、宮崎県は1950年代後半からハネムーンブームに湧いた歴史があり、宮崎エリアには新婚旅行先のメッカと呼ばれたフェニックス・シーガイア・リゾートがある、

九州地方の最南端にあるのが、鹿児島県。現在も噴火を繰り返している桜島がある鹿児島エリアや、砂蒸し風呂が有名な指宿温泉がある指宿エリアなどのほか、樹齢7000年を超える縄文杉で知られる屋久島エリアなど、その圧倒的な自然環境が魅力の地域だ。

沖縄県は日本屈指のビーチリゾートで、冬でもTシャツ1枚で過ごせるほどの亜熱帯気候が特徴。本島には首里城公園がある那覇エリア、美ら海水族館が人気の名護・恩納エリアなどがある。本島以外にも、石垣島や宮古島をはじめとする数々の離島があり、ダイビングやシュノーケリングなど、マリンアクティビティーが楽しめる。

福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 大分県 | 熊本県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県 |

福岡県

佐賀県

長崎県

大分県

熊本県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県