武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷とは

熊本人吉市は肥後南部を支配した戦国大名であった相良家のもと700年の歴史を誇る下町を築いていた。当時は多くの武家屋敷が軒を連ねていたが、その後ほとんどが取り壊され、その名残として現在でも残っているのがこの武家屋敷である。 武家屋敷の正面に立つ門は堀合門といい、建材に樹齢300〜1000年の杉を使っている。また、この門はもともと人吉にあったもので、内にあった数多くの門のうち、唯一現存している門である。敷地内にある屋敷は人吉藩の藩主であった相良氏が仮の休息所として使っていた建物を移築したものとして知られている。庭園は江戸時代(1603–1868)末期に造られたもので、ヤマモモ、梅、ヒバ、白蓮、ざくろ、銀木犀、ツツジ、つげなどの木が毎年美しい花を咲かせている。 また、西南戦争(1877年に起こった内戦)の際に反乱軍側の盟主として戦ったことで有名な西郷隆盛がこの武家屋敷に泊まったことでも知られている。

アクセス

公共交通機関を利用して向かう場合、JR肥薩線の「人吉駅」が最寄り駅となる。そこから徒歩15分ほどで到着する。車の場合は九州自動車道の「人吉IC」が最寄りのインターチェンジ。そこから人吉城跡方面へ10分ほど車を走らせれば到着する。なお、無料の駐車場が5台分ある。




概要: 武家屋敷

観光スポット 武家屋敷 (Samurai Residence Buke Yashiki)
お勧め度  
住所 熊本県人吉市土手町35-1
35-1, Dote-machi, Hitoyoshi-shi, Kumamoto
電話・fax Phone:
Webサイト
所要時間 30分
営業時間 月曜日:09:00-17:00
水曜日:09:00-17:00
木曜日:09:00-17:00
金曜日:09:00-17:00
土曜日:09:00-17:00
日曜日:09:00-17:00
定休日 火曜日 NEW YEAR'S HOLIDAY
入場料 有料: 300円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 大人(20歳以上) 1人


地図: 武家屋敷