波上宮

波上宮 © Iry

波上宮とは

波上宮(なみのうえぐう)は、琉球八社の一つにあげられる、沖縄県内でも有数の神社である。海に切り立った崖の上にある神社で、海のかなたにある理想郷、海神の国「ニライカナイ」の神々に対し、豊魚と豊穣に恵まれる平穏な生活を祈ったとされている。正月には琉球国王が参拝し、国家の繁栄と平安を祈った由緒ある神社で、創建は14世紀の終わりごろと推測されている。

一の鳥居から二の鳥居までは緩やかな石畳の階段が続き、二の鳥居の奥にある拝殿は、赤い瓦と白い壁とのコントラストが際立っている。また、拝殿両脇の守護獣は狛犬ではなくシーサーであることが、沖縄の伝統文化を感じさせる。境内の右手から砂浜に降りていく道があり、砂浜からは崖の上に立つ本殿を見上げることができる。

現在は、初詣の参拝客がにぎわい、お宮参りや挙式を上げる人も数多くいる。

アクセス

ゆいレール(沖縄モノレール)の「旭橋駅」で下車し徒歩20分。または「県庁前」バス停留所から(1・2・5・45番系統)に約5分乗車し「西武門」停留所で下車し徒歩3分で到着する。那覇空港からは、国道58号線を経由し6km、約10分で到着する。




イメージギャラリー: 波上宮


概要: 波上宮

観光スポット 波上宮 (Naminoue-gu )
お勧め度  
住所 沖縄県那覇市若狭1-25-11
1-25-11 Wakasa, Naha-shi, Okinawa
電話・fax Phone: 098-868-3697
Webサイト
所要時間 90分
定休日 特定日
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 波上宮