四国 トラベルガイド

四国地方はその名の通り4つの県(香川県、徳島県、高知県、愛媛県)からなる島。近年は四国内88箇所に散らばる寺を巡る旅「お遍路」が、海外からの旅行者に人気を集めている。

四国の北東部に位置するのが香川県。荘厳な雰囲気が漂う金刀比羅宮が有名な丸亀・琴平エリア、島のいたるところにアート作品が設置されている直島エリアなどがある。

四国の東部に位置するのが徳島県。毎年8月に開催される阿波おどりが有名な徳島エリア、強力な潮の満ち引きによって発生するうず潮で知られる鳴門エリアなどがある。

四国4県の中で最も大きい面積を擁するのが高知県。高知エリアは明治維新で活躍した坂本龍馬の出身地で、彼にゆかりのスポットが多く残る。また、四万十エリアには、四国最大の川である四万十川周辺で、ラフテイングなど様々なアクティビティを楽しむことができる。

四国の北部に位置するのが愛媛県。今治・しまなみ海道エリアには、瀬戸内海に浮かぶ島々をつなぐしまなみ海道があり、サイクリングで海の上を横断できるとして人気がある。そのほか、松山城や夏目漱石ゆかりの道後温泉がある松山エリアなどがある。

香川県 | 徳島県 | 高知県 | 愛媛県 |

香川県

徳島県

高知県

愛媛県