東北 トラベルガイド

東北地方は本州の北部に位置しており、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県を含む。三方を海に囲まれた立地から、三陸海岸や松島など美しい海岸線の景観が楽しめるほか、新鮮で美味しい海産物が存分に味わえる。

本州最北端に位置するのが青森県。ねぶた(ねぷた)という巨大な人形や扇型の灯籠が街を運行する夏祭りが有名。また、桜の名所として知られる弘前城がある弘前エリア、紅葉の名所で東北地方を代表する景勝地である十和田湖など見どころが多い。

秋田県は青森県の南西に位置する県。江戸時代(1603-1868)の街並みを残す武家屋敷の通りがある角館エリア、なまはげという民俗行事が有名な男鹿エリアが有名だ。7つの温泉が点在する乳頭温泉もおすすめ。

岩手県は青森県の南東に位置する県。平泉エリアにある中尊寺の金色に輝く金色堂は圧巻だ。また、光の反射でコバルトブルーに光る洞窟が有名な浄土ヶ浜を含む三陸海岸エリアや、年間を通じて様々なアウトドアアクティビティが楽しめる八幡平エリアなどがある。

宮城県は岩手県の南にある県。東北地方最大の都市である仙台エリアは牛タン料理で有名だ。松島湾の絶景が楽しめる松島は、春の桜の時期に訪れるのがおすすめ。

山形県は宮城県の西に位置する県。大正時代(1912-1926)の雰囲気が残る銀山温泉が人気のエリアだ。また、蔵王エリアは日本有数のスキーリゾートとして知られ、1月から2月にかけて見ることができる蔵王の樹氷は一見の価値がある。

福島県は東北地方の南部にある県。歴史的建造物が多く現存する会津若松エリア、五色沼自然探勝路で有名な磐梯山エリア、江戸時代(1603-1868)に宿場町として栄えた大内宿エリアなどが人気である。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では甚大な被害を受けた東北地方だが、現在では多くのエリアで復興が進み、安全に旅行を楽しむことができる。

青森県 | 秋田県 | 岩手県 | 宮城県 | 山形県 | 福島県 |

青森県

秋田県

岩手県

宮城県

山形県

福島県