金華山

金華山 © 写真提供:宮城県観光課

金華山

金華山とは

金華山は宮石巻市の太平洋上に浮かぶ島である。島全体が黄金山神社の神域で、青森の恐山、山形の出羽三山と並ぶ「東奥の三大霊場」の一つだ。黄金山神社は今から約1260年前に日本で最初の産金を祝い、金華山の中腹に建てられた。その名の通り金運や開運の御利益があると言われ、多くの参拝客が訪れる。

島内は鹿だらけ

原生林の広がる金華山には野生の鹿や猿が多数生息しており、特に鹿は神の使いとして保護されている。毎年10月の第1、2日曜には牡鹿の角切りの神事が行われ、切り取られた角は購入することができる。角を切られる姿は少し可哀想でもあるが、参拝客の安全に配慮して実施されている。日本でも金華山奈良春日大社の2ヶ所でしか見ることが出来ない珍しい神事なので、興味がある人は時期を合わせて訪れよう。なお、島内に沢山いる動物たちは人馴れしており、餌欲しさに襲ってくることがあるので注意が必要だ。

アクセス

金華山へは鮎川港か女川港から船で向かう。鮎川港へはJR「石巻駅」から宮交バスが出ている。駅から終点の「鮎川港」停留所までは約1時間30分の道のりで、片道1460円となっている。女川港へはJR石巻線の「浦宿駅」が最寄り駅だ。駅からは代行バスかタクシーを利用しよう。車で訪れる場合、三陸自動車道の「石巻港IC」および「石巻河南IC」が最寄りのインターチェンジ。島へ渡る船の料金は港や船の規模によって異なるが、往復一人2500円から3000円となっている。ただし、鮎川港から出ている小型船は5名以下で乗るとチャーター料金として15000円かかるので注意。




イメージギャラリー: 金華山


概要: 金華山

観光スポット 金華山 (Kinkasan)
お勧め度  
住所 宮城県石巻市鮎川浜金華山5
Kinkasan-5 Ayukawahama, Ishinomaki-shi, Miyagi-ken 986-2523
電話・fax Phone: 0225-45-2301 / Fax: 0225-45-2303
Webサイト
所要時間 1時間
入場料 無料
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 団体 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 金華山