鶴の湯温泉

鶴の湯温泉 © Iry

鶴の湯温泉とは

鶴の湯温泉秋田県仙北市の乳頭温泉郷に7つある温泉の一つだ。乳頭温泉郷の中で最も古く、江戸時代(1603-1868)から続くと言われている。かつて二代目秋田藩主だった佐竹義隆が湯治に訪れた際に、警護の武士が待機していた茅葺きの建物「本陣」が今も残っている。鶴の湯温泉には内湯と露天合わせて5つの温泉場がある。露天風呂は女性専用のものと、男女混合のものがあるので注意しよう。温泉は4種類の異なる泉質の源泉を引いており、それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれている。効は高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、皮膚病、糖尿病など。

乳頭温泉の宿で出される食事では、山菜料理や神代山の山芋の鍋、宿オリジナルの味噌仕立て焼きの岩魚など季節ごとに地元の旬のものを味わえる。雪の降る寒い季節には、山々に囲まれた黒塗りの古風な宿で、温泉と郷土料理を楽しみ温まる、といった風情のある旅が楽しめるだろう。

アクセス

JR秋田新幹線の「田沢湖駅」から羽後交通バスの乳頭温泉行きに乗り、「アルパこまくさバス」停留所で降りよう。宿泊する人は、バス乗車前に鶴の湯温泉へ電話をしておくと停留所まで送迎バスで迎えに来てもらえる。車で訪れる場合は、東北自動車道の「盛岡IC」が最寄りのインターチェンジとなる。




イメージギャラリー: 鶴の湯温泉


概要: 鶴の湯温泉

観光スポット 鶴の湯温泉 (Tsuru-no-yu Onsen)
お勧め度  
住所 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
Sendatsuzawa Kokuyūrin-50 Tazawako Tazawa, Senboku-shi, Akita-ken 014-1204
電話・fax Phone: 0187-46-2139
Webサイト
所要時間 5時間
入場料 有料: 500円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 鶴の湯温泉