白神山地 トラベルガイド

白神山地青森県と秋田県にまたがる広大な山地。

人の影響を受けていないブナの原生林は、世界でも最大級の規模を誇る。多種多様な植物や動物が生息しており、その自然的な価値が認められ1993年に日本初の世界自然遺産に登録された。

白神山地は、その自然環境を保護するために入場規制をしている区域がある。一般にも開かれているコースは、1時間程度で周れるものから登りに8時間程かかる本格的な登山コースなど多彩。長いコースはガイドを頼むなど、安全を確保して楽しもう。登山やトレッキングの他にも、季節によってはラフティング体験などのアクティビティも楽しめる。おすすめの季節はブナの新芽が芽吹く6月と、紅葉が美しい10月。気温は低く、夏場であっても上着は必須。また、入山する際は、必ず入山手続きを提出しよう。

白神山地のもう一つの楽しみ方は、列車。青森県の川部駅と秋田県の東代駅を結ぶ五能線は、日本海側の波打ち際や白神山地などの雄大な景観を望むことができる。観光列車の快速リゾートしらかみ号も運行しており、青森駅から秋田駅まで5時間前後で進む。列車内で津軽地方の伝統音楽である津軽三味線の演奏や、津軽弁の語り聞かせなどを楽しめる。

最寄り空港の青森空港から弘前駅まではバスで55分。新幹線では新青森で下車し、弘前駅まで電車で30分。新青森駅は東京駅から約3時間、北海道の新函館北斗駅から約1時間の距離にある。



観光情報: 白神山地

白神山地 旅行ガイド・メニュー

観光スポット

白神山地 天気と気候

天気と気候

白神山地 レストラン

レストラン

白神山地 ホテル・旅館

ホテル・旅館


地図: 白神山地